公演情報詳細

発売日未定

第10回 大塚博堂メモリアルライブ in 名古屋

主にクラシック音楽用として作られたホールで博堂曲を!!

32年前に37歳という若さで亡くなった伝説のシンガーソングライター・大塚博堂を覚えていますか。
透き通った抜群の歌唱力で“愛を唄う吟遊詩人”と言われ、心を揺さぶる詩とメロディーで多くの人々に感動を与えていました。
彼の代表曲「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」や「めぐり逢い紡いで」、「季節の中に埋もれて」などの名曲を唄い継ぐメモリアルライブが全国で行われています。
名古屋では平成16年9月に「第1回・大塚博堂メモリアルライブ」を開催しましたが、皆様のご協力を得て今年、第10回の記念メモリアルライブを開催します。第10回メモリアルライブ会場は
故・大塚博堂    「スタインウェイ」のグランドピアノが装備された「5/Rホール」です。

【主催】
 大塚博堂倶楽部 名古屋支部

第10回 大塚博堂メモリアルライブ in 名古屋

第10回 大塚博堂メモリアルライブ in 名古屋

第10回 大塚博堂メモリアルライブ in 名古屋

チケット詳細

日時 09月16日 (月) 14:00開演 (13:30開場)
料金 全席自由: 一般 3,000円

【チケット・その他問い合わせ】
 大塚博堂倶楽部 名古屋支部 TEL:052-853-0698 or 090-1476-8709(木本)

出演者

唄(ギター):山田友人
リードギター:岩村義道
ピアノ:助川恭子

プロフィール

山田友人
高校時代にギターを始め、2000年に藤公之介氏(博堂のデビュー曲「ダスティンホフマンになれなかったよ」などの作詞家)と出会う。その豊かな歌声と声域が大塚博堂を彷彿とさせている。“博堂シンガー”として全国で活動中。

岩村義道(元「スクランブル・ダスティン・バンド」のリーダー)
名古屋で10回目の開催という記念すべきライブなので、博堂がデビュー半年後に始めた
ステージ活動で、全国を一緒に回ったギタリスト・岩村さんを今年も名古屋に招きます。

助川恭子(ピアニスト)
名古屋出身で3歳からピアノを始め、高校卒業後に上京してアン・ミュージック・スクールにて作編曲とピアノを学ぶ。現在、主に都内にて演奏活動中で、山田友人さんのライブサポートもしている。

※未就学児童の入場制限について
ホール内は指定された公演を除き未就学児童は入場することができません。予めご了承ください。

※転売の禁止について
購入されたチケットを金券ショップ、オークションサイト等で転売することを禁止します。発見された場合該当チケットは、そのチケットではいかなる場合でも入場ができなくなります。ご注意ください。

窓口、電話でのお申し込みの際、公演日と公演名を伺いますので、予めお控えください。

チラシをダウンロード このページを簡易印刷

このページのTOPへ