展覧会詳細情報

企画展

小川佳浩・宮原剛 日本画二人展 〜刻の流れ〜

2019年02月01日(金)〜 02月11日(月)

名古屋芸術大学を卒業後、各地で講師を務める傍ら勢力的に制作活動をつづける二人。
当ギャラリーにて2回目の開催となる展覧会のテーマは「刻の流れ」。
繋がり続ける過去現在そして未来へ、刻々と変化し続ける自らの作品の行方を客観的に捉える小川氏。
刻の流れの中で、心に感じるモノ、心に響くモノを記憶に残したいという宮原氏。
独自の世界観を追求し続ける二人の作品を是非ご高覧ください。

11時〜19時(6日水曜休廊)

小川佳浩・宮原剛 日本画二人展 〜刻の流れ〜

「遠い日の記憶」
宮原 剛

小川佳浩・宮原剛 日本画二人展 〜刻の流れ〜

「tubaki(兎)」
小川 佳浩

チケット詳細

日時 2019年02月01日(金)〜 02月11日(月)
会場 スペースA
出品作家 小川 佳浩 (おがわ よしひろ)
宮原 剛 (みやはら つよし)
プロフィール

小川 佳浩 (おがわ よしひろ)
 
1970  愛知県生まれ
1993  名古屋芸術大学 絵画科 日本画卒業
1995  穂の会日本画展(愛知県芸術文化センター) (’96~’17)
2002  創画展 入選(’03~’16)
    第2回 トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展入選 審査員推奨(針生一郎)
2004  個展(ギャラリー聚)名古屋
2005  創樹会展(名古屋松坂屋画廊)(’06~’11)
2007  個展(ギャラリー聚)名古屋
2008  第4回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展入選
2009  創画展 奨励賞受賞
    個展(ギャラリーヒルゲート)京都
2010  駿の会(名古屋丸栄画廊)(’12,’14)
2012  個展(松坂屋美術画廊)名古屋
2015  小川佳浩・宮原剛 日本画ニ人展 (5/R HALL&GALLERY)
2016  穂の会 (JR名古屋高島屋画廊)(’18)
2017  個展 (松坂屋美術画廊) 名古屋
    悠展 (岐阜高島屋)
2018  風展 (岐阜高島屋)
 
講師
NHK名古屋文化センター
朝日カルチャーセンター
カルチャー清須・知立・蟹江
名鉄コミュニティーサロン西春
 
————————————————
宮原 剛(みやはら つよし)
 
1974  可児市生まれ
1997  日展 初入選で特選 (以後、無鑑査1・入選15)
1998  文化庁主催 現代美術選抜展 選出
    岐阜県芸術文化活動等特別奨励賞
1999  日春展 初入選 (以後、入選13)
    可児市功労者 受賞
2000  名古屋芸術大学大学院 修了
2002  岐阜県美術展 県展賞 (他、県展賞1・奨励賞1)
    三甲美術館大賞展 大賞(美術館買上げ)
2003  東丘社 入会
2005  全関西美術展 第二席賞(以後、第三席賞1・佳作賞3・入選2)
2006  京展 市長賞・京都市美術館賞(美術館買上げ)(他、入選4)
    初個展(画廊 水無月)(以後、開催2)
    臥龍桜日本画大賞展 奨励賞(他、入選3)
    多治見市立滝呂小学校に作品「園児たち(150号)」寄贈
2007  ケーブルテレビ可児に作品「新生(60号)」寄贈
2009  東丘社 特別奨励賞
    時空を旅する展に選出(京都市美術館)
2011  個展(画廊 凛)
2012  東海日展 中日賞
2014  TYK絵画大賞展 大賞(買上げ) (他、準大賞3・佳作賞6・入選2)
2016  個展(画廊 聚)
    湧湧展(加藤栄三・東一記念美術館)
2018  個展(画廊 好日舎)

現在
日展会友・日春会会友
絵画研究団体「東丘社」会員
京都日本画家協会会員
岐阜日本画協会理事・監事
可児市美術展委嘱
岐阜市美術展審査員
多治見市美術展審査員
養老町美術展審査員
日本画・水彩画教室「彩游会」主宰

このページのTOPへ